自転車 通勤

いま都市部では、自転車が売れているそうです。

通勤や通学で3密を避けるために自転車 通勤や通学が増えてきているそう。

通勤の場合、途中で事故した場合は職務中として扱われ労災認定される可能性があるが、企業側は50%以上の企業が通勤を認めているそう。

これから涼しくなってくるので、運動不足解消も兼ねて自転車 通勤いいかも。

電動 自転車

田舎で生活するには、車(自動車)は生活必需品です。

公共交通機関が発達していない地方では、車は重要な生活の足で、一家に1台どころか1人に1台車を所有している家庭もあります。

小さい子供の幼稚園や保育園の送り迎えとか、スーパー・コンビニへの買い物・病院への通院、とにかく家を一歩出るためには車は必需品です。

都会では、1戸建て住宅を購入している家庭以外では、駐車場の確保にまず頭を悩ませ、確保できたらできたで高い駐車場代金で頭を悩ませることでしょう。

逆に、公共交通機関の発達している都市部では車はお荷物でしかないよ、という方々が大部分ではないかと思います。

小さい子供の送り迎えやスーパーへの買い物などは自転車が駐車スペースを気にすることなく手軽で最強でしょう。

けれど坂道が多い場所やある程度長い距離を走行するには、普通の自転車では困難な場面が多いのではないでしょうか?

このような時には、電動 自転車が力を発揮します。

販売当初には走行距離が少なく少し物足らなかったのですが、最近の電動 自転車は1回の充電で、80㎞~100㎞は走行できるようになっていて、自転車での移動距離としては満足できるものです。

駐車場料金は必要なく、子供の送迎や買い物に活躍できる電動 自転車は主婦の強い味方ではないでしょうか。